会社情報

社会貢献活動

向井則子ヤクルトレディ(山の手センター)が、交通栄誉章緑十字銀章を受賞

 山の手センター・向井則子ヤクルトレディが、長年の交通安全への取組みと無事故無違反を評価され、優良運転者として「交通栄誉章緑十字銀章」を受賞し、1月19日に行われた第58回交通安全国民運動中央大会(主催(一財)全日本交通安全協会、警察庁)で表彰されました。大会では、秋篠宮殿下からのおことば、安倍晋三首相の挨拶もありました。

 今回、お届け先でもある目黒警察署からの推薦で受賞に至りました。目黒警察署交通課の平島課長・杉浦統括係長は「向井さんは月1回実施する安全運転講習会に自分が参加するだけでなく、仲間のヤクルトレディを連れてきて一緒に学ぶリーダー的存在です。14年間も継続し、その間無事故無違反であることも素晴らしい」とお話しくださいました。向井ヤクルトレディは「講習会にはお届け時と同程度の重さの荷物を積んだジャイロで参加します。日頃と同じ状況で練習しておくと、急な場合も慌てずしっかり止まれます。ヤクルトレディの仕事は家族の理解もあって続けられているので、今日の大会に主人と一緒に参加できてとても嬉しいです」と語りました。

 2月20日には、目黒警察署において福原和実署長から表彰状が手渡され、署員の方々からお祝いの言葉をいただきました。

 東京ヤクルトでは、会社全体でなお一層の交通安全意識の向上に取り組んでいきます。