ヤクルト出前授業「おなか元気教室」

開催事例:新宿区立四谷小学校


みんな、どっちが大きいか、興味しんしんです。

 こんにちは おなかマスターのひぐちです。
新宿区立四谷小学校で、6月12日(金)1年生に出前授業「おなか元気教室」行いました。

 「おなか教室」は、1年生 72名に、「おなか博士になろう」「ウンチから学ぶ生活リズム」「おなかには菌が住んでいる」の3つのお話をしました。

 「ウンチ」という言葉にみんなにやにやしながらお話を聞いてくれています。

 食べ物の通り道のお話では、模型の中から、大腸を取り出し、どれくらいの長さがあるのかお友達とせいくらべをしました。


自分のおなかが元気かどうか、
うんちチェックをしましょうね。

 元気なうんちででるかな?
うんちの模型を使って 元気なバナナうんちのお話です。
「うわー うんちだあー」と歓声があがります。

 早ね、早起き、朝ごはん、朝うんち、これが おなか元気生活のポイントです。
夏休みも、おなか元気に過ごしましょう。

おなかマスターとは、小学校などで「おなか元気教室」の授業ができる社内資格を持ったスタッフのことです。