ヤクルト出前授業「おなか元気教室」

開催事例:豊島区立仰高小学校

 こんにちは、おなかマスターのひぐちです。

 12月21日(金)豊島区立仰高小学校にて親子80名に「おなか元気教室」と「投げ方教室」を実施しました。

 はじめに、「おなか元気教室」として、「早ね、早起き、朝ごはん、朝うんち」をテーマに、おなかの働きの大切さといいウンチを出す為の生活習慣についてお話ししました。うんちの模型やぬいぐるみを取り出すと会場は大盛り上がり!

 楽しくおなかのしくみを勉強しました。

 次に、ヤクルト球団元投手の河端氏と徳山氏が講師を務め、「投げ方教室」を行いました。

 まずは、両氏がキャッチボールを披露、グローブに「バシッ」という音と、とても速い球が投げ込まれると体育館にみんなの「すごーい!」の声が響きました。

 そして、実際にボールを手に取り、握り方や投げる時の手と足の動きを練習して、親子で楽しくキャッチボールをしました。

 最後に「おなか博士認定書」と河端氏と徳山氏のサイン入り「投げ方名人認定書」をみんなに渡し、記念撮影をして楽しい時間は終了しました。

おなかマスターとは、小学校などで「おなか元気教室」の授業ができる社内資格を持ったスタッフのことです。