TOPICS

「ヤクルトレディ研修」における新型コロナウイルス感染症対策について

東京ヤクルトのヤクルトレディ研修では、受講者が安心して研修に臨めるよう、新型コロナウイルス感染症対策を徹底して行っています。

 

1.会場内消毒、定期的な換気、アルコール消毒液の設置
定期的な消毒をするとともに、ドアや窓を開放し、空気を入れ替えています。

2. 手洗い・うがい・アルコール消毒の徹底
休憩時も再入室前にアルコール消毒による手指消毒をします。

3.研修スタッフと受講者の検温、チェックシートを用いての体調の管理
研修当日の朝と研修前に、検温をします。体調が優れない場合や検温において37℃以上ある場合は、受講を制限します。

4. 広めの席配置・研修スタッフと受講者のマスク着用を徹底
十分な距離をとって、研修を行います。研修スタッフと受講者は、手洗い・うがい・咳エチケットを励行するとともに、お互いの健康と安全を守るためにマスクを常時着用します。

5.研修中や休憩時の定期的な水分補給、加湿器の使用
加湿器を使用し、室内湿度を保ちます。

なお、上記の内容は現時点での対策内容となり、今後の状況をみて柔軟に対応を変更していく予定です。

 

東京ヤクルトでは、全社をあげて感染防止に最大限配慮し、ヤクルトレディならびに
配送スタッフによる商品のお届けを可能な限り継続してまいります。あわせて、従事者の感染症対策にも努めてまいります。